名古屋で『志村魂』

先週19日、志村けんさんの舞台公演『志村魂』を観てきた。於・中日劇場。

6年前の池袋・東京芸術劇場以来の『志村魂』。
知人が毎年この名古屋公演をわざわざ大阪から観に来ていて、私が愛知に引っ越したらご一緒する約束をしていたのもある。
初めて入った中日劇場は、名古屋・栄のど真ん中。ロビーではグッズ販売のお姉さんの一人が「変なおじさん」スタイルでいて、大層目立ってた。写真は無いですよ(汗)。


2階席から借り物のオペラグラスを時々覗きながらの観覧。オペラグラスは無くてもよく見えたけど、表情や小道具を確認したい時は重宝した。
構成はほとんど昨年を踏襲した内容だった(知人の証言)そうなのだけど、特に昨年の公演の情報を仕入れていなかった私にとっては、めちゃめちゃ楽しい3時間半。いしのようこさんと志村さんのカラミコントは久々で懐かしかったなー。
池袋で観た時と比較すると、音楽要素が強まっていたかも。ストンプがあったり、シルク・ドゥ・ソレイユ風があったり。どっちも舞台映えする。


二幕目、メインのお芝居である松竹新喜劇『先づ健康』も期待通りの楽しさ。
いや、6年前はあまりやらなかったアドリブがたっぷりあって驚いたので、期待以上。中でも志村・上島竜兵・野添義弘(SETの方なのね)の3人のアドリブ合戦は、今年一番笑った。
厚みのある人情味溢れたストーリー展開には、場内も感動。私も感動。
知人から松竹新喜劇の原作DVDを借りたので、楽しみに見比べるつもり。

たっぷり満足したので次回も来たいけど、チケが高くてなー。むー。

アクセスカウンター