8000回目の『笑っていいとも!』

今日の放送8000回目の『笑っていいとも!』は、特殊感満載で面白かった。

 

ゴスペラーズのコーラスをまじえた久々の主題歌(特大号でも歌ってたけどレギュラーでは久々)、そしてテレフォンショッキングのゲスト・とんねるずによる、48分以上にわたる居座り。
もっとも、とんねるずが「残り2ヵ月半、レギュラーにしてください」と直談判して、タモリが「いいんじゃない?」とあっさり認めちゃったことで他の火曜レギュラーが押しかけて、48分のうち後半半分は全員でモメていただけなのだけど。

 

そのモメ事の端緒は、石橋タカさんが口にした
「とんねるずはなぜ『いいとも』のレギュラーになれなかったか?」。
これはもう、とんねるずと同世代の笑芸マニアなら、みんな知ってること。
とんねるずのANNや、たけしのANNのリスナーだったら、二度や三度は聞いた経験あるはず。
たぶんあちこち探せば誰かが書いてるでしょー。それはさておき。

 

『お笑いスター誕生!』でとんねるずがやってた芸の話は出たし、タモさんの形態模写も懐かしかったし。
共通してるのは、「今の芸人さんみんなやってるじゃん」と思う人がいそうってことだけど、あの頃はいなかったんだよねぇ。パイオニアだった。
ついでにゆーと、あそこまで生放送のフォーマットをブチ壊せるのは、やっぱしかつての昭和50年代のTV黄金(爛熟?)時代を経験した人間だけだろーね。
むしろフォーマットずくのバラエティしか知らないスタッフや視聴者が対応しきれない気もした。

 

それにしても、ホントに残り2ヵ月半、とんねるずは『いいとも』のレギュラーになるんだろーか?
もしそうなら、業界の長い二人だけに、さすがに根回し済みだとは思うけど。
ラストに向けて、あと10週、いろいろ期待して見てみよう。

アクセスカウンター