電子書籍版が出ます

1月22日に清水義範氏との共著『笑説・大名古屋語辞典』のKindle版がKADOKAWAから配信開始になります。

書籍版が出てから早20年。拠点を愛知に戻して1年を過ぎた昨年の夏頃、電子書籍化のお話がありました。

もちろん清水先生の人気と実績によるもので、私はあくまでオマケなのですが、それにしても連日「Walker47」の稲沢取材に取り組んでいたちょーどそのタイミングで、というのにビックリでした。まぁ配信前に終わっちゃったんですが。

 

まだ初版が出た当時は今ほど「名古屋めし」が全国区になってなかった時代で、現在と照らし合わせると雰囲気が微妙に違っているかも。

当時の紙版をご存知じゃない方にお読みいただければ幸いです。…あ、紙版をお持ちの方もぜひ。

アクセスカウンター