2015年に観た映画

2015年は9月から大須演芸場が再開したことで、再び落語(寄席)への傾倒が始まったわけですけど、映画にもちょいちょい出かけてました。こちらには書いてませんでしたが。

 

今年観た映画の数は8本。映画館に足を運んだ回数は9回。私としては多い年だったかと。

1月に観た『海月姫』以外感想を書いてなかったので、記録代わりにひとこと感想で振り返ります。強い印象として覚えてる、いわば要点の復習。つーか要点以外ほぼ忘れちゃった映画もあるので。

 

★4月28日『龍三と七人の子分たち』(北野武監督)

 於・ユナイテッドシネマ稲沢

 ~じじいはもう弱者じゃないという団塊・北野監督のメッセージ。コントみたいなじじいギャグ炸裂。名古屋のロケが多くて、そっちの面からも興味深く観た。

 

★5月9日『ビリギャル』(土井裕泰監督)

 於・ユナイテッドシネマ稲沢

 ~個人的には、クライマックスの家族愛が無くても成立してたと思った。でも、あったからヒットしたんでしょーね。

 

★6月14日『騒音』(関根勤監督)

 於・センチュリーシネマ(名古屋・栄)

 ~「カンコンキンシアター25周年記念に、同劇団のブレーンでもある脚本の館川範雄氏がセッティングした映画」というパンフのライナーノートの記述に納得。

 

★7月23日&8月7日『ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム』

(マーク・バートン、リチャード・スターザック共同監督)

 於・ユナイテッドシネマ稲沢

 ~2度観覧。セリフらしいセリフ無しで85分もたせちゃうのはスゴい。一見子供向け映画ながら子供を突き放す演出で、間違いなく大人が楽しむクレイアニメの傑作。

 

★9月21日『内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル』(工藤浩之監督)

 於・109シネマズ名古屋

 ~『内村さまぁ~ず』の長尺特番を入場料払って観た感じ。関根監督の『騒音』同様、マクロを狙わずピンポイントのファンに向けた映画。個人的には好きです。

 

★10月28日『ギャラクシー街道』(三谷幸喜監督)

 於・ユナイテッドシネマ稲沢

 ~今までの三谷映画でイチバン「舞台」っぽい脚本と、ギャグの入れ方。監督自身もあえて舞台に回帰した旨、パンフのインタビューで言明していたけど。

 

★12月14日『I Love スヌーピー』(スティーヴ・マーティノ監督)

 於・ユナイテッドシネマ稲沢

 ~昔NHKで見た『スヌーピー』が3DCGになった!というノスタルジーと、スピード感あふれる演出が、頭の中でないまぜになって、なんかしらんがすごく感動した。

 

I Love スヌーピー』は時間があれば年内にもう一度観たいなぁ。

年末年始は電気グルーヴのドキュメント映画とか、『の・ようなもの のようなもの』とか、観たい映画がしばらく続くし。あと1月にはよしもと新喜劇オールキャスト出演の『西遊喜』ってのもあるらしいけど、最寄の映画館が岐阜しかないのでムリかなぁ。

 

 ~ ~ ~

 

(12月29日追記)
昨日28日に2度目のI Love スヌーピー』観てきました。場所は同じくユナイテッドシネマ稲沢。

この時期なので、客席は平日でも家族多め。30人ぐらいいたかな。

前回観に行った時は私を含めて観客2人だったので、とりあえず大勢で見られてよかった。やれやれ。

アクセスカウンター