永さんが亡くなった

永六輔さんが7日、亡くなられたという。病名は肺炎。享年83。

近年は闘病生活が長く、TBSラジオのレギュラーをつい先日降板されたばかりだった。

高校時代に『六輔七転八倒』を聞いた時、その視点や一般人と一線を画すものの考え方に、当時のビートたけしANNと同じくらいの衝撃を感じた。いちど番組の中で、同じ頃NHKでメインMCを務められていた『テレビファソラシド』に届いた視聴者からの抗議の手紙(の概略)を紹介なさったことがあった。いわく、
「番組のタイトルが間違っています。『テレビファソラシド』ではなく正しくは『ドレミファソラシド』です」
いつの時代もナニカシラ抗議する人間の性質というのは変わらないなーと思う。

永さんの作詞したヒット曲が数多いのはご存知の通り。
そのうちの一曲、デュークエイセスの『筑波山麓合唱団』がコミックソングのコンピレーションに収録されてないか探したことが、以前あった。手持ちの80枚近いコミソンコンピをひっくり返したが、結果どこにも入ってなかった。その後も出ていないはず。なのでデュークのベストアルバム買って聴きましたがね。

永さんの作詞した曲は、意外なほどそういった企画ものCDには収録が無いのですな。
唯一『欽どこ』の劇伴『妻は夫をいたわりつ』が6枚組コミソン集『笑タイム』に収録されているくらいで、植木等の『万葉集』とか、ドリフターズの『いい湯だな』なんてあちこち収録されていそうな曲ですら無い。
何か作詞者の永さんならではのこだわりがあるのかな、と思った。邪推ですけどね。

『筑波山麓合唱団』の動画を載せようと思ったけど、気が変わってこっちにする。4:00頃から始まる『生きるものの歌』。
『こんにちは赤ちゃん』の反対のポジションの歌として永さんが作詞した「死ぬ時の歌」とご本人は『上を向いて歩こう 永六輔作品集』のライナーノーツで書いている。

永さん、ありがとうございました。お疲れさまでした。
アクセスカウンター